オステオパシー中井治療院 - 0歳から100歳まで治療いたします。
                                                                             
            
         (1)  米国オステオパス Dr,デニスダウリングによるFPRセミナー            
                                 (促進姿位開放テクニック)
                                                                           FPRテクニックは特に
椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症
に有効です。
このテクニックは痛み部位に
優しく働きかけます
 
 
     
 
 
 
 
                                                                                          
 
(2)(SCS) カウンターストレイン創始者                                                                    
     Dr,ローレンス、ジョーンズ 
 ひじょうに穏やかで優しいテクニックで問題の部位にて
静寂の中90秒保持組織の開放を待ちます。
上記のFPRと深い関係があり間接手法の代表といえます
 1992年初めてセミナーに参加しました、現在は彼の娘婿、
Dr.ゲーリングがSCSを教えています。
              
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(3) Dr、クロアビエ
 神経マニプレーションセミナー
 Drバラルと共にフランスを代表する
 オステオパスです
 神経線維に微小なテンションをかけ
  神経そのものにアプローチ、症状を改善させます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
                          
                   
                         
 
  (4) 昭和50年、日本で初めてオステオパシーセミナーが
    大阪と東京にて行われました。
     この時 英国人オステオパス、Drスタッダード
      によりオステオパシー理論とテクニックが伝えられ
      当時の日本人治療家に大きなインパクトを与えました、
      今でもこの本は治療家のバイブルとして光を放っています。